わたしたち長野県災害時支援ネットワーク(以下、長野県災害支援ネット)は、長野県社会福祉協議会に事務局を置き、災害時に行政・社会福祉協議会・NPO等の三者連携をスムーズにすすめるための役割を果たし、被災者支援・被災地支援の活動を支援することを目的に、平時の学習や交流も含めた活動を行っています。

事務局団体

  • 長野県NPOセンター
  • 長野県社会福祉協議会
  • 長野県生活協同組合連合会

構成団体

  • 長野県NPOセンター
  • 長野県社会福祉協議会
  • 長野県生活協同組合連合会
  • 連合長野
  • 長野県共募
  • 青年会議所長野ブロック
  • 長野県長寿社会開発センター

平時の活動

  • 2018年1月29日
    第1回「災害時の連携を考える長野フォーラム」開催
  • 2018年10月11日
    災害支援の図上訓練
  • 2019年3月21日
    第2回「災害時の連携を考える長野フォーラム」開催

2019年6月から毎月、災害支援団体・個人の活動交流の場「つながるBOOK」開催

今回の水害:10月12日の発災


10月13日
長野県災害対策本部(災害ボランティア担当)に着任(県社協・県NPOセンター)

10月14日
第1回情報共有会議(参加人数:32人)

10月16日
第2回情報共有会議(参加人数:58人)
※長野市災害ボランティア委員会と共同開催

10月18日
第3回情報共有会議(参加人数:82人)
※長野市災害ボランティア委員会と共同開催
※情報共有会議:災害支援ネットが主催して、行政・社協・NPOなどの活動報告、避難所や被災者の課題の共有、活動連携や調整のための会議。

10月21日
第4回情報共有会議(参加人数:60人)

10月23日
第5回情報共有会議(参加人数:40人)

10月25日
第6回情報共有会議(参加人数:60人)

10月28日
第7回情報共有会議及び被災者応援会議(参加人数:150人)

10月30日
第8回情報共有会議(参加人数:41人)

現在、県内に活動に入っている県内外のNPOやNGOは、県外56団体位、県内38団体位が活動に入っています。

それらの団体が互いに情報共有を行い連携のきっかけを作り、県外の団体と県内の団体をつなぐ場を作っています。

今後長期化することが予想される被災者支援の活動を、行政・社協・NPO等が協力連携して進めていくコーディネートの役割を発揮していきたいと考えています。